忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/05 ミヤモト]
[05/16 sheep]
[11/08 sheep]
[11/07 たこすけ]
[10/21 sheep]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
sheep
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ほたるの群れ2 糺』向山貴彦 幻冬舎文庫
つづきもの。一見すると平凡な中学生、高塚永児。しかし彼は哀しい生活があった。
美しい少女、小松喜多見。彼女もまたつらい環境を背負っている。
小松に高塚は恋をしている。しかしおとなしい彼はその恋に悩んでいる。
小松は人を近づけない雰囲気があった。友だちも少ない。

1巻で小松はある非日常的な風景に出くわす。
そしてその場面を通り過ぎたことから、彼女は暗殺集団に命をねらわれることになる。
暗殺集団に殺されそうになる中、なぜか彼女を暗殺集団のメンバーが助ける。
そしてそんな場面に高塚は遭遇してしまう・・・。

1巻をなんとか生き延びた2人。しかしそれは新たな暗殺者を招くだけにすぎない。
影から2人を守る敵同士の2人。互いに妙な関係で2つの対立する暗殺集団に属する2人の暗殺者が、次々と暗殺者たちを殺していく。そんな中。高塚の中のスイッチがオフとなり、何かがめざめた。

物語はどんどん悲惨さを増す。続巻で明らかに新たな悲劇の被害者となりそうな新キャラクター。
そしてこの巻の最後に「ええええ・・・・・?」と思うようなできごとも。

少しずつ自らの力で前に進みだした高塚と小松の前に広がるものは?

ということで次巻が気になる気になる・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
おお、購入されましたか
地元の書店で探しているのですが…

というかまだ1巻読み終わってないww
たこすけ 2011/10/14(Fri)08:54:50 編集
無題
私はいつもAmazonで買っちゃってます。
暗いシーンもあるのでためらってしまうんですが、さすが向山さんはいつもおもしろいんですよね〜。
sheep 2011/10/16(Sun)13:23:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]