忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/05 ミヤモト]
[05/16 sheep]
[11/08 sheep]
[11/07 たこすけ]
[10/21 sheep]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
sheep
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『言葉と歩く日記』多和田葉子・岩波新書

同僚から薦められてお借りした一冊。
他の積んである本もあったので、後回しにするつもりだったが、思うところがあり、先に読んだ。

多和田さんが言語について集中的に考えていた時期の自分の観察日記。

日記なので、大きく感情を動かされる場面はない。しかし、彼女の言葉への向き合い方には興味深い場面が多く、ときどき検索をしたりして遠回りをところどころでしてしまった。

最後の方で書かれていた「クリエイティブな仕事につきたい」という子供からの将来の夢への回答にびっくりした、という箇所は特に印象的だった。芸術に携わっていたらそういう言葉は出てこないだろう、という。なるほど。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]