忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/05 ミヤモト]
[05/16 sheep]
[11/08 sheep]
[11/07 たこすけ]
[10/21 sheep]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
sheep
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『日本文化の論点』宇野常寛 ちくま新書
うーん・・・消化不良。本気を出していない完全版セルと戦うベジータの気分。
たぶん、本気出されたらあっという間にこてんぱんになるんだろうけど。

個人的に印象的だった箇所は、特撮監督の円谷英二が戦時中は戦意高揚映画を撮影したという話。戦後のウルトラマンは貧弱な日本の軍、謎の外部からの侵略者、それを守るヒーローという流れは冷戦を意識したものだったという話。なるほど、そう考えたら、メトロン星人の人を信じられなくするタバコの原材料である実は赤くなければならないし、日本のアパートでちゃぶ台ごしにウルトラマンとメトロン星人が交渉をするのもなかなかに意味深だし、最後のナレーターは本当に深い。

とても読みやすい本だったし、AKBがすごいということもなんとなくわかったんだけど、個人的な印象としてはもう少しぶつけてきてほしかったなあ・・・という感じ。
1日で軽く読めたし、まあよかったのかな・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]