忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/05 ミヤモト]
[05/16 sheep]
[11/08 sheep]
[11/07 たこすけ]
[10/21 sheep]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
sheep
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『未完のレーニン<力>の思想を読む』白井聡 講談社選書メチエ

レーニンの問題作、『何をなすべきか?』と代表作『国家と革命』。
社会主義革命の実践者たるレーニンの思考をたどる。
ただの机上の空論でもなく、日和見主義でもない、本当に夢みたいな理想をひたすら現実的な視点で、実現させたすごさ。確かにレーニンの描いた夢は夢でしかなかったことは20世紀を終えた今なら簡単に一笑にふせる。でもそれはやはり今見直してもすごいことだったし、そして彼が向き合った資本主義社会の諸問題は、彼の夢が潰えた今、さらに悪化しているように思える。

たぶん、白井さんの言いたいことの一つはそういう今だからこそ、レーニンを知ろうということだろう。そして彼は2011年3月11日のあの日から、そのレーニンをふまえつつも新たな何かと向き合っている。
レーニンをたどっていない自分のような人間はだからこそ、2011年3月11日を経過した今でも、やはりこの本と出会えたことはよかったのだろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]