忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/05 ミヤモト]
[05/16 sheep]
[11/08 sheep]
[11/07 たこすけ]
[10/21 sheep]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
sheep
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『泣くな、わが子よ』グギ・ワ・ジオンゴ 宮本正興 訳 第三書館
独立直前のケニア。英国の支配下。白人に抑圧されるひとびと。白人に土地を奪われ、小作人に身をやつしつつも穏やかな家庭を築いたゴゾ。ゴゾの息子で教育こそが自分たちを救う、と信じている主人公のジョローゲ。しかし、独立に至る不穏な空気の中、次第に環境は変わり、家庭も崩壊していく。そして教育を信じてきたジョローゲは絶望に至る。
著者であるグギの自伝的なデビュー小説とのこと。
文章は平明。読みやすく、しかし悲しい。後半。スティーブンという少年と思わぬ形で再会したジョローゲの会話は希望と、しかし実際にはその後の悲劇が。
本編は220ページほど。重い内容の割には短く、その分読みやすいのだが、個人としてはもう少し長ければもっと心に刻まれる一冊になったのかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]